活動報告

全国で初めて!青少年補導条例可決

 平成18年3月20日、県議会の予算審査特別委員会で、全国で初めてとなる「県少年補導条例」が賛成多数で可決されました。
 この案は不良行為をした少年を警察が、本人の同意を得て最長で12時間警察署で一時保護したり、持ち物を任意提出させたりするという権限を新たに設けるものです。警察庁が目指す少年非行防止法制化を先取りしたもので、この条例には連日、多くのマスメディアが注目し、様々な方の賛否両論の意見もありました。しかし今、県内だけでなく全国的に増加・深刻化している少年犯罪に歯止めをかけられるよう、この条例が可決されました。

前のページへ戻る

奥山博康事務所

639-0236奈良県香芝市磯壁3丁目97-2

TEL・FAX:0745-77-0980

当ホームページが提供する情報・画像を、権利者の許可なく複製、転用、販売することを固く禁じます。